2013年09月23日

Scratch(スクラッチ)でどんなものが作れるの?

Scratchの作品は、アニメーション、アート、ゲーム、音楽、物語などに大きく分類されています。

いろいろ作れますが、最初はゲームみたいな作品が作りやすいと思います。

ゲームは楽しく作れるからです。

ゲームなら、子供でもプログラミングに夢中になり、集中して学べますよ。

ではどんなものが作れるか?

本格的なものはScratchの公式サイトにあるので、ご覧ください。

ここでは私が、たった数分で作った作品を紹介します。

Scratch以外のプログラミング言語では、数分で作れません。

この手軽さこそが、Scratchの凄さでもあります。

魚のゲーム

ボールがマウスポインタを追いかける

どうですか?くだらないゲームでしょ(笑)

たった数分で作れるのは、

豊富なイラストが、あらかじめ用意されていることと、

ブロックを組み立てる感覚でプログラミングができるからです。

普通のプログラミング言語のように、基本的な構文を覚える必要はありません。

日本語で直感的に部品を選び、組み立てるだけです。

あとは部品に数字を設定するくらいかな。

だからScratchなら、小学生でも十分プログラミング可能です。



posted by Scratch at 22:44| Scratchで作れるものとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。